人気ブログランキング | 話題のタグを見る

夏合宿課題 お気に入り紹介 湯 佳せい

「クロスステッチ」
三澤ゼミ合宿 3年 湯 佳せい
 
 クロスステッチとは☓印の縫い取りを布に並べることにより図案を表現する刺繍である。中国では大ブームとなったクロスステッチの魅力を伝えていきたいと思います。

●クロスステッチの始まり、特徴
古代ビザンチン時代に、イタリアを経てヨーロッパから全世界に広がったという古い歴史を持つ刺繍です。図案がマス目状に表現されるため図案通りの形で☓を描くようにすれば比較簡単に図案通りの形を指すことが出知るため初心者や子供みの取り付きやすいのです。


●作り方
作り方は至って簡単です。ただ☓の形を作ればいいだけです。ただ一つだけ注意すべきは、/と\、どちらが上に来るかが揃うように刺します。ある時は/が上、ある時は\が上、というのではいけません。
●魅力
クロスステッチはいろんな場所で使えます。何気ないものにクロスステッチを加えただけで一気におしゃれに感じることもある。中国のヤオ族はクロスステッチによる刺繍が得意で、赤い毛糸で作る襟飾りや藍染めのターバンなどの民族衣装は、高度な技術と芸術性を備えています。ズボン一本に1年以上かけることもある緻密で豪華な刺繍は、女性たちのステータスとなります。私がクロスステッチを始めたのはお母さんの影響でした。母は手先が器用で暇があればセーターやマフラを編んだり、大きなクロスステッチを作っていました。やがて、私もクロスステッチに興味を抱き、教えてもらいました。クロスステッチは初心者向けで、とても簡単でした。最初の時はすぐに飽きてしまい全く続きませんでした。しかし、やっていくうちに自然と靭帯強くなり、楽しめるようになります。今となっては私にとって欠かせないものとなりました。趣味でありながら最大な癒やしである。クロスステッチを始めて、私は目標を決め、そこに向かうプロセスがいかに重要だということや、辛抱強く努力すれば必ず結果がでるということを気づかせてくれました。
by m-seminar | 2014-08-26 05:56 | レジュメ(平成26年度入ゼミ生)